スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.07 (Mon)

ラフウォータースイム・イン・ヨロン(1日目)

9月4日から6日まで、「ラフウォータースイム・イン・ヨロン」に参加するために鹿児島県与論町に行ってきました。

会場は大金久ビーチの予定でしたが、台風による影響で宿の近くのウドノスビーチに変更になり、そこで試泳をしました。


きれいな海ですが、やはり大金久ビーチの方がよかったです。

今回泊まった宿では大会参加者は僕一人でした。あとはダイビングサークルの大学生と60代の男性一人が泊まっていました。

宿についた時に、女将さんから言われました。

「あのね、大学生の子達がうるさいから奥の一人部屋あるんだけど、こちらと入り口近くの和室どっちがいい?」

入り口に近いし、別に大学生が騒ぐことに何の抵抗もないから、入り口近くの和室を選択しました。一応大学時代はサークルに所属していましたので、騒ぎたくなる気持ちはよくわかります。



「今日は大学生の子達と従業員とみんなでBBQやりますから?」


「えっ!?BBQ???」


若い集団に混じって参加するのは迷惑なのではないかと心配です。

宿の近くの海岸での試泳が終わって、宿に戻ると大学生くらいの若い集団が入り口でダイビングの機材を片付けていました。

パッと見は真面目でおとなしそうな感じです。
イントネーションや話し方を聞いていると東京近辺の大学生だなってすぐわかりました。


いざBBQ開始。夕食代はツアーのオプションとは別に500円追加料金を払いましたが、明らかに500円オーバーな品数です。


大学生たちは「肉だ肉だ」といって喜んでます。
やはり大学生は元気ですね。



従業員も含めて自己紹介タイムをしました。


大学生達は神奈川県内にある某私立大学のダイビングサークルに所属しています。
東京近辺の大学生っていう予想は大当たりでした。

自己紹介のあとに、なんといきなり与論献捧が始まりました。


与論献捧とは、「と」と言うまで有泉という黒糖焼酎を杯にそそぎ、一気に呑みます。「と」とはストップという意味です。(※始めに断っておきますが、未成年やドライバーは飲むふりだけです。)



自己紹介では、明日のラフウォーターに出場すること、数年前にダイビングのCカードを取得していて、全く潜っていない「ブランクダイバー」だということを正直に話しました。



すると、


「えーっ、もったいない」



そりゃそうです。しかし、機材を背負って岩場を歩いたり、シュノーケルを加えたり、マスククリアが怖くて挫折したんですよ。

でもおかげさまで大学生たちとも話が弾みました。
午後9時にはBBQ終了し、部屋に戻りました。

そのあとは明日に備えて就寝タイム・・・・なはずが、有泉と部屋の暑さで寝れないんです。


携帯電話からネット見たり、何度もエアコンのスイッチを入れたり切ったりと何度も目が覚めました。








スポンサーサイト

テーマ : 水泳 - ジャンル : スポーツ

12:15  |  水泳  |  TB(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/8-233a7a04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。