FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.28 (Thu)

運動に対するコンプレックス

小学生から高校生のときまで、とにかく体育が大嫌いでした。

私は残念ながら運動神経が全くなく、体育の成績がよくなかったのです。
そして運動神経のない自分がずっと嫌いで、「劣っている人間」だと思っていました。

いわゆる「運動コンプレックス」です。

この自己評価が低くて悩んでいる理由の一つになっていると思います。
小学校1年のとき、一生懸命やっているのに運動神経がないものですから、へまばかりやってクラスメイトからボロクソに言われたことがありました。だから嫌なのです。

運動の出来る小学生は明るくて周りから人気がありました。
だから、小学生時代からずっと運動神経のいい人がうらやましくて仕方ありません。
今でもそうです。

小学校2年生のとき、子供会主催のソフトボールにも少しだけ参加しましたが、親から無理やり入れられた感じでした。そして、左腕を骨折したのを機に行かなくなりました。
数ヶ月間のリハビリを得てから、同学年の子が誘いに来てくれるのですが、行きませんでした。
つまらなくて興味のないソフトボールをしたくなかったのです。

今考えると誘いに来てくれた子には申し訳ないことをしたと思っています。
しかし、ソフトボールみたいな集団競技は意思疎通がうまく出来ない上に、マイペースなため苦手なのです。

高機能自閉症の人が運動するのならマイペースで楽しめる個人競技がいいと思います。

[高機能自閉症] ブログ村キーワード
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:20  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/4-db30c32f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。