スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'06.15 (Mon)

ラフウォータースイム・イン・座間味(2日目)

6月13日。RWSの大会当日。

会場の古座間味ビーチに人が集まってきて試泳タイムはとっくに過ぎてるのに、試泳タイムが始まりません。


しばらくすると、「雷注意報が発令中であり、急に天候が変わってしまう可能性があるため判断が難しいので、午前中のレースは中止します」というアナウンスがありました。

結局12時から5kmと1.5kmを同時開催で全員1.5kmでレースを行うことに。午前中は遊泳禁止となり、宿へ戻りました。


しかし、午前中は予報がはずれいい天気に ・・・。


蠎ァ髢灘袖・狙convert_20090912084030



天気はいいのにくやしいです。

午後のレース1.5kmは人が多いからゆっくり泳いで完泳しました。しかし、非常に不完全燃焼。
天候には勝てません。


下は1.5キロのレース終了後の写真。

蠎ァ髢灘袖・胆convert_20090912084102



午後はシュノーケルツアーを頼んでいて、その時間までは古座間味ビーチにいる魚でも見ていようかと思ってみていたら、再度豪雨になり、午後の競技であるリレーも中止となりました。

当然、海に入ることは禁止となったので、バスで宿に戻り、シュノーケルツアーまでダラダラ本を読みました。


その間の天気は、皮肉なことに晴れ



シュノーケルツアーでは、20代前半とおぼしき琉球顔の小柄な女性がガイドをしてくれました。



しかも、マンツーマン


いいですねえ~。


シュノーケルと同時スキューバダイビングのツアーも同じスポットで行うってことで、ダイバーと一緒に出発しました。ダイバーのガイドさんも若くて顔立ちも整っていてスレンダー美人で、これはラッキーです。



船で無人島近くのスポットに到着。



ダイビングをしている人が数名いて、それを見ながら海中を眺めますが、気持ちいいですね。

結構沖なのに浅瀬があってそこはたくさんの珊瑚たちとたくさんの魚がいてダイブしなくてもたくさんの魚たちを見ることが出来ます。顔のすぐ近くをたくさんのスズメダイが泳いでいました。


ガイドさんが、「ちょっと待って」といって海底をもぐり始めて、巨大ナマコを持ってきました。

ナマコを始めて触ったけれど、この感触超微妙です。
しかも結構重たいんですよ。



今度は足が立ちそうなくらいの浅瀬があって、そこにたくさんの珊瑚がありました。そこにはたくさんの魚がいて、親のクマノミと1センチくらいのクマノミの赤ちゃんがいました。

「わっ、超かわい~」とガイドさんが叫んでいます。
確かにクマノミもかわいいけれど、クマノミを見てはしゃぐガイドさんもかわいいです!



なんだかんだで1時間半ずっとシュノーケリングをやってました。普段水を顔につけたと同時に鼻から息を吐く癖があるせいかシュノーケルのマスクは正直苦手です。でも、ダイビングをしなくともこれだけの魚を近くで見れて大満足でした。


来年も座間味に来たら、またシュノーケルツアーをここで頼みますね。


夕方は村内一大きなホールで表彰式とパーティーがあり、オリオンビールと食事を楽しみました。
スポンサーサイト
23:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/36-69535f4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。