FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'08.25 (Mon)

高機能自閉症である人間の支援先を探す

中学生高校生時代、心を許せる人が一人も出来ませんでした。

大学時代「英語研究会」というサークルに入りました、
しかし、ここでも大切な友達が出来ませんでした。

普通なら誰かしら「友達」が出来るものですが、私にはいないのです。サークルのメンバーは「知り合い」でしかありませんでした。

なぜ自分だけがこんな思いをしなければいけないのか、友達ができないのか・・・・ずっと悩み続け心理学の本を買いあさりました。本で調べてもなかなか原因を突き止めることが出来なかったのです。


「高機能自閉症」と診断されるまでの道のりは本当に長いものでした。
原因がわかったのはよかったのですが、同時にどうしたらいいのか悩みました。

病院の先生には、「地元の自治体でソーシャルスキルトレーニングや勉強会などをやっているから地元の自治体にあたってみてください。」と言われました。

そこで川崎市の最寄の区役所に行き、ソーシャルスキルトレーニングをやっていないかをたずねました。また、横浜などの近隣の自治体にもあたってもらいました。

「あなたから言われたから仕方なくやったんですが、あてになるものはありませんでした。あなたは働けているんですから問題ないとしか言えません」

いかにもお役所仕事という回答でした。

人とうまくコミュニケーションが出来ないゆえ、うつ病になったり1週間まともに食事が出来なかったりしました。「働けているから問題ない」なんていうのはひどい話です。

神奈川県は自閉症協会支部が横浜市、川崎市、その他と別れています。高機能自閉症の成人が会員になれないのは川崎市支部だけです。しかも、発達障害者支援センターが今年度(2008年)になってようやく開設されるほど遅れているのです。


こうなっては、地元自治体を当てにすることは出来ません。

困っていたとき、福利厚生の外部カウンセリングサービスを知りました。
「高機能自閉症と診断されたのでどうしたらいいのか」という相談をしてみることにしました。
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:35  |  未分類  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。