スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'03.07 (Sun)

第1回成人発達障害のソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会(AM編)

今日の午前中、発達障害と歩む会『Companion』主催の1回成人発達障害のソーシャル・スキル・トレーニング(SST)学習会(AM編)に参加してきました。

今回のテーマは「自己紹介」についてです。
目標は、自己紹介のコツをつかみ、各々の目標レベルまで達することです。

自己紹介で話す内容を30項目ピックアップし、その中から3項目を選んで自己紹介します。
1回目は男女別れて3人一組で、2回目は男女混合で4人一組で行いました。
参加者の自己紹介を見て、良かった点を褒めることをしました。「イイトコサガシです」

自己紹介で話す内容は以下の項目です。

1  名前
2  年齢
3  出身地
4  現住所
5  ニックネーム
6  前職業(出身校)
7  仕事(学校名)
8  家族構成
9  入学・入社・転職理由
10 参加した目的
11 参加したきっかけ
12 今日の目標
13 今日の気分(体調)
14 趣味
15 特技
16 今、興味のあること
17 得意分野(得意科目)
18 苦手分野(苦手科目)
19 伝えておきたい自分の特徴
20 伝えておきたい苦手なこと
21 尊敬する人
22 休日の過ごし方
23 好きなスポーツ
24 好きな食べ物
25 嫌いな食べ物
26 好きな言葉(座右の銘や名言)
27 行ってみたい場所
28 やってみたいこと
29 最近のうれしい出来事
30 最近の嫌な言葉



この30項目で、名前や職業を選んだ参加者が多かったです。名前なんか言うのは当たり前じゃないかと思うかもしれませんが、名前は「名札があるのでわざわざ紹介しない」という考え方もあります。実際に、名前を選ばなかった参加者もいました。

自己紹介というのは、関わる上で事前に知っておいてもらったほうが後々助かることを告知する手段であったり、人との距離を縮める話題提供の手段です。自己紹介したい内容は人それぞれ目的があるわけです。そのことを今まで頭の片隅で意識してやっていたでしょうか?

私の場合・・・正直「NO」でした(笑)
言いやすい内容でとしか考えていませんでした。


自己紹介する項目については、職場での自己紹介(公式場面)、仕事上の飲み会での自己紹介(準公式場面)、プライベート(フレンドリー)場面で使い分けたほうがいいという話がありました。公式場面では「仕事」とか「入学・入社・転職理由」といった内容で自己紹介し、プライベートでは「趣味」や「好きな食べ物」といった堅苦しくない内容で紹介すると、会話のキャッチボールが出来るようになるとのことでした。

私が普段悩んでいるのは、人との距離のとり方がわからなくて友達が出来ないことであったり、会話のキャッチボールが苦手だったりすることです。

今回の自己紹介のソーシャルスキルトレーニングで、公式場面、準公式場面、プライベート場面を意識した自己紹介が大切だということを学ばせていただきました。ファシリテーターがすごく丁寧でわかりやすくて受講してよかったです。

あと、私の自己紹介に対する自己評価は「緊張して失敗した(汗)・・・」だったのですが、周りはそう思ってなかったらしく・・・いい評価をいただきました。ありがとうございます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ


【More・・・】

発達障害の勉強会などに参加すると、他の当事者達が具体的にどういった悩みを抱えているのか知るきっかけにもなります。書店で売っている発達障害に関する本を読んでも、発達障害について理解するのは難しいのではないでしょうか?

時間の許す限り、勉強会やオフ会には参加したいです。
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

22:48  |  発達障害  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/163-a509c301

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。