FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'12.21 (Mon)

余計なことに時間を使いたくない ~合理的な考え方から来る感情を受け入れて切りかえす~

私はできるだけ自分のやりたいことに時間を費やしたいと考えています。
だからアフター6とか休日は大好きです。

時々、極端な合理主義になってしまい、やりたいことがトラブルや仕事などで予定変更になってしまうとすぐ怒りや混乱になってしまいます。

例えば、昨日ADSLから光回線の工事があったのですが、午前中に来る予定が集合住宅の壁に杭を打っていいかの確認を取っていなかったため、作業が午後になりました。

予定はありませんでした。

午後から図書館に行きたかったし、1分でも有意義に自分のやりたいことに時間を費やしたいという「あれもこれも」という気持ちから「貴重な時間を無駄にしやがって」という気持ちになるのです。

考え方が合理的なわけです。そして客観的に見ると被害妄想的な考え方にも見えるかもしれません。

「貴重な時間を無駄にしやがって」と怒る事は別に問題ではありません。

問題なのは、「貴重な自分の時間を無駄にされたけれども、相手だって仕事とは言え私のために足を運んで時間を裂いて工事に来ている」と思うことなのです。

これが相手のことを思いやるってことです。

また、2009年12月20日の日記で、クリスマスオフ会でADHDの方から聞いた”年末大掃除のようなイベントをやるという気になれない話”を紹介しました。

彼らが片づけが嫌な理由の一つとして、「自分の時間を取られたくないことがある」と言っていました。

私はおそらく自閉症のみの障害ですが、正直私もADHDの方と同じように片づけが好きはないですし、得意でもありません。

しかし、片付けが嫌ながらも掃除も洗濯もします。大掃除だってします。

「掃除や洗濯は嫌ですが、必要だからやっている」のです。
感情と行動が別なのです。

普段働いているから、こういうときに優先順位を高くしてやるのです。

ADHDの方が片付けられない理由は他にも感覚の問題などがあるようですが、「余計な時間をとられたくない」と思う点では私の合理的な考え方と一緒です。

来年の目標として、自閉症協会の大忘年会で「やりたいことをいっぱいやってきたので、来年は減らします」といいましたが、感情はそのままにしてやるべきことをやるということが言いたかったのです。

感情と行動が一貫していないと納得しないという”こだわり”がよくなかったのです。

「水泳のレッスンに行きたいけれど、明日は忘年会だからあきらめよう。」
「今日は水着を忘れたから、泳げないのは仕方がない。」
「ものもらいができたから、今日は泳ぐのをやめよう。」

泳ぎたい気持ちをそのままにして、現実を受け入れること・・・これもソーシャルスキルだと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・(自閉症)へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:19  |  高機能自閉症  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/152-ca152da8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。