FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'11.28 (Sat)

漠然とした言葉を聞かされ続けると自己否定につながる

大学生のとき、同学年の女の子から「大人になって」というコメントを嫌というほど言われました。うちのサークルの合宿では、メッセージカードにそれぞれ思ったことをコメントする習慣がありましたが、そのときにも「大人になって」というコメントを書かれたことがありました。

ほかにも、ある日私がその同学年の女の子と話をしていると、「怒んないで大人になって冷静に返せばいいでしょ」と言われました。私は「別に怒ってないよ」と言いましたが、「怒っている」と言うのです。ほかにも、彼女になぜなのか理由を聞いたら「何でそんなこと説明しなければならないの」と言われたこともありました。

とにかく「あたりまえにできる」「常識」って思ってしまうことができないととつい感情的になりがちになります。そして、彼女にとって常識だと思う言動が私には出来ないため、「大人になって」と言っていたわけです。

しかし、定型発達者同士でも「大人」「常識」という概念は全く同じだとは思いません。一人一人感性は違うのです。おそらく微妙に概念が違うんじゃないでしょうか?だから、あまり過度に踊らされる必要もなかったわけです。

しかし、当時の私は「大人になって」とか「常識」とか、そういう言葉を聴くたびに自己否定になったのです。

その理由を考えて見ました。

①言葉をストレートに解釈するため、抽象的な感情言葉は人格を全否定する思考回路になっている。つまり定型発達者とは情報処理の違いがある。
②「大人」とか「常識」の意味は、他人の感性で言っているにすぎないということを理解していなかった。他人の感情を受け入れる力がなかった。
③不快を与えるつもりなど全くないのに、「自分の頭の中で発達させたマイルール」で行動しているため、私の言動を見て本当に不愉快に感じている人が多くしょっちゅう文句ばかり言われていたこともあり、「また人を傷つけてしまうかもしれない」と思っていた。


①は発達障害ならではの問題でありますが、②と③は二次障害から来ています。

ではどうすればいいのか。

例えば、相手が怒っているような口調で話していると感じたのなら、「もうすこし落ち着いて丁寧に言って」と具体的に言うのです。特に定型発達の女性は、感情的な言葉だけで終わらせようとし、理屈を言うのを嫌がりますが、発達障害者にとっては常識という考えはありません。

「大人になって」というあいまいな言葉では、私のような高機能自閉症やアスペルガーの人間は二次障害になるだけなような気がします。







スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:17  |  高機能自閉症  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/145-40be77a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。