FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'11.12 (Thu)

自分の感情を大切にする

年齢を重ねていくにつれて自分のことが嫌いになっていきました。
なぜ自分自身が嫌いなのか、以下の理由によるものです。

①友達がいない
②彼女がいない
③仕事ではミスばかりを連発している
④やることなすこと鈍くさいし要領が悪いと言われる
⑤お世辞にもイケメンと言える容姿ではない




これらの理由は自己評価というより、「お前には友達がいない」とからかわれたり、全然面識のない他のクラスの生徒や後輩から暴力や暴言を吐かれたり、「不細工」と言われたり、からかいを受けたなど、否定的な経験から理由が作られたに過ぎないことに気づいたのです。

つまり「自己評価=他社評価」になっているってことです。

だけど、最近では少しずつありのままの自分を受け入れるようになったなと感じるようになりました。

実は数ヶ月前、ある方が詩人であり話し方教室の講師をしていた八坂裕子さんの書いた本を絶賛していたHPを見つけ、ブックオフに行って”「小さな自信」が芽生える本”を買って読んでから徐々に変わったのです。


「つまらない」「ひどいわ」「許せない!」「悲しい」「淋しい」「妬ましい」「怖い」「くやしい」「憎らしい」などのマイナス気分のとき、落ち込みの激しい人は、まずマイナス気分になった自分を責めたり反省したり悩んだりしていませんか?
「つまらない」「ひどいわ」と感じたら、「アッ、私はこう感じているんだ」と肯定的に意識しましょう。
人間の生活って、毎日が「楽しい」「うれしい」「面白い」「ラッキー!」「ステキ!」の満載ではありませんよね。



つまり、「自分の感情を大切にする=素直になる」ってことなんですよ。


この言葉を聴いてハッとしました。
ネガティブな感情を無理やりにでも肯定的な感情にしようとしていたのです。だから、自分のことが受け入れられなかったんだとようやく気づいたのです。「嫌いなことを嫌いだ」と頭の中で思うことは全然OKなんですよ。それを表に出さなければいいのです。感情を素直に認めることで少し楽になりました。

自分が頭の中で感じたことは表に出さないか、安全な場所で出せばいいんです。
時と場合によっては素直に感じたことを話してもいいのです。

八坂裕子さんが勧めている自分の思ったことをノートに書き留めるということもやっています。これがすごい効果があるのです。頭の整理になりますし、自分の感情を観察することが出来ます。ここでは誰の目を気にすることなく、あるがままの自分の感情を思いっきり出せます。頭でひらめいたことや自分の気づいたことも書き留めておけるので、あとで見返したときに立派なメモ帳ともなります。お勧めです。

とはいえ、まだまだ否定的な感情が私を支配していますが・・・。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

00:09  |  高機能自閉症  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/143-36d8e21b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。