FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.29 (Tue)

川に突き落とそうとする行為・・・いじめではなく「共有経験」

今回のテーマも「経験共有」に関することです。

大学時代のサークルでは毎年、新人歓迎のためのハイキングが行われていました。
そのときに行われていたお約束のイベントが、”サークルのメンバーを川に突き落とす”というものです。これはいじめではなく、バカをやってみんなで楽しもうというノリです。私が所属したサークルはある意味体育会系なノリがあったわけです。

今でこそ、海で泳いでいるので川に入ることはそれほど抵抗はなくなりましたが、川そのものが臭いし、服の洗濯は大変だし、ばい菌がうようよいそうだったし、泳ぐのも大嫌いでした。だから川に入るのは本当に嫌でした。「バカをやるならほかのことでやればいいでしょ」と思っていたんです。

そのあと、先輩から「君をいじめるために川に入れようと思ったわけじゃない」と言われ、同学年の女子からも「奉仕精神を」と言われました。こういうことを言われると私はますます思いつめてしまうのです。どんどん自分が嫌いになっていきました。

私を川に突き落とそうとしたのは、サークルの雰囲気になじませてみんなで楽しもうという意味があったのです。バカをやることを楽しめって事なんです。これこそ共有経験だったのです。



私を川に突き落とそうという行為自体、いじめるためだと思ったことは一度もありません。でも、川に入ることは恐怖以外の何者でもなかった・・・・ただそれだけでした。


スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:59  |  高機能自閉症  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/133-dd20c4b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。