FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2009'09.19 (Sat)

自閉症だったわたしへ(NOBODY NOWHERE)

高機能自閉症と診断されてから、ドナウィリアムズの自叙伝「自閉症だったわたしへ」と「自閉症だったわたしへ」「自閉症だったわたしへⅡ」「自閉症だったわたしへⅢ」という本を読みました。

これは高機能自閉症患者が世界で初めて自らの精神世界に踏み込んだ本として、欧米でベストセラーになったもので、一般的な評価が高い本です。最初に書かれた「自閉症だったわたしへ」については、高機能自閉症と診断されるまでについての過去を書いたものです。この最初に書かれたものは、イメージしにくい言い回しや彼女自身の独特な描写が多くて読むのに一苦労でした。

逆に、「自閉症だったわたしへⅡ」「自閉症だったわたしへⅢ」については、高機能自閉症と診断されてからの生活対処法、高機能自閉症の症状が具体的に書かれており、すごく読みやすかったです。また、ここで取り上げられている対処法はワークショップやカウンセリングにも大いに発揮すると思います。

もっと早くこの本を知っていれば、大学時代のトラウマはなかったかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム - ジャンル : 心と身体

23:29  |  高機能自閉症  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://autism0030.blog94.fc2.com/tb.php/129-2ee17bc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。