スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'09.03 (Wed)

具体的な説明ができない

カウンセリングを行っていて、カウンセラーから「どうして自分の具体的な話ができないの?」とよく言われます。

それがうまく出来るんだったら苦労しないのです。うまく説明できない、伝えられない、これが困っていることなのです。

昔から、クラスメイトと話をして「何言ってんの?」と不快な顔をされることがよくありました。

大学生時代の短期バイトで、わからないことがあって聞こうとすると伝わらなくて「は?あんた日本人?」とまで言われたこともありました。(その職場は外国人が多かった)

会社勤めをし始めてから、上司や先輩から「わからないことがあったら聞くように」と言われていましたが、尋ね方が下手なためうまく伝わらず、苦労していました。

他の人はわからないことをうまく聞いてコミュニケーションが取れているのです。でも私にはそれができませんでした。


「どうして私だけが?」



いつもそう思っていました。


発達障害の人は自尊感情が低く自己否定が多いと言われています。

私の場合、原因は自分の言っていることが相手に伝わらないからすごく嫌な気持ちになっているのです。定型発達者はわからないことがあっても、誤解されないことがあっても言葉のフォローができるのです。私にはその力が欠けていて、その点が「人と比べると劣っている」と感じてばかりいるから字損感情が低いのです。



思っていることを言葉にするために、ブログを書いています。
いわゆるコミュニケーションの練習です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 駄目サラリーマンへ
スポンサーサイト
00:10  |  未分類  |  TB(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。